採用代行サービスの歴史、利用のメリット

採用代行というサービスが、どのような経緯で現在のように普及していったのでしょうか。日本経済が伸び悩む時期、大がかりなリストラが実施されました。得に間接部門の人員がその対象になり、採用業務経験のあるスタッフが退職、もしくは減少しました。企業が、採用活動を始めたいが、業務を担当する人員がいない、そういったニーズにより採用代行サービスが本格的に拡大していく事になります。加えて、インターネットの普及により、企業への応募者数が飛躍的に上昇した事により、採用側の負担が増えたのも本 格化した起因になります。<br/ ><br/ ><br/ >サービスが本格的に起動し始めた頃は、新卒採用の代行を行うのが主流でしたが、時代の流れと共に、新卒から中途、現在ではアルバイトからパートの採用業務まで取り組むようになってきました。近年では、企業が求める人材の軸を、量から質へと変化させていき、面接官のトレーニングや研修と言ったコア業務のニーズが高まり、より一層必要とされるサービスになりました。また、単なる採用代行サービスではなく、戦略パートナーとして活用する企業も増えてきています。 <br/ ><br/ ><br/ >新卒採用のように、毎年繰り返される業務を企業内で採用部門だけでまかなうのは大変難しく、中小企業、大企業が採用代行を利用するのは、もはや基本になっています。また、インターネットの普及により、少し対応が悪かっただけで即座に応募者の間で共有されてしまう現在、受付窓口のクオリティーも、より一層求められるようになりました。応募者数や内定者受諾率向上を図る上でも、採用代行は、もはや欠かせないサービスとなっています。

画期的なビジネス:採用代行

採用代行とは、多くは大企業において、その企業の採用に関する一部ないし全てを、外部の企業にアウトソースし代行してもらうものである。なぜ採用に関する業務を外部企業に委託するのか。それは、採用に伴う膨大な人事の業務を減らし、彼らが選考にのみ全精力をつぎ込めるようにするためである。では、それら負担の大きいとされる、採用に関する業務とは具体的にはどういったものがあるのであろうか。新卒採用を例に考えてみたい。<br/ ><br/ ><br/ >新卒採用では、まず企業がどのような学生を採用するかというコンセプト決めから始まる。そして、そのコンセプトに基づいた新卒採用ホームページを作成する。次に、そのホームページからエントリーしてきた学生を登録する。次に、彼らを対象に会社説明会を実施し、会社の理解を高めてもらう。その上で、会社の理解度と学生の素養を試すためにエントリーシートやテストを行う。そして、面接またはインターンシップを行っていくのだ。これらを採用代行が行ってくれる。<br/ ><br/ ><br/ >この中で本当に人事が力を入れなければいけないところは、全てではない。彼らが力を入れるべきは、面接である。しかし、多くの企業人事の採用担当は、その前の多くの事務作業で時間と体力を奪われてしまっているのが現状である。こう説明すると、いかほどに採用代行サービスが優れているかが分かるであろう。中には、学生のエントリーシートやテスト結果、また説明会などの遅刻歴などを総合してランク付けしてくれるサービスもある。あなたが企業の人事担当であれば、おそらくのどから手が出るほど欲しいサービスではないだろうか。