採用代行サービスを活用したスリムな採用設計


長引く不況による就職難や新卒採用の採用形式の変化など就職をするまでに企業も就職希望者も様々なプロセスを経由する必要が出てきた。たとえば、企業が新卒採用を行う際には希望者を募る募集サイト運営や紙媒体での募集から始まり、面接会場を押さえ、面接を行い、内定者には内定後のフォローや研修まで必要になる。このような採用までの長いプロセスを代行して行うのが採用代行会社である。採用代行会社を利用する事で企業側にとっての煩わしい作業などをアウトソースできるとともに、採用代行のプロにワンストップで採用を任せる事もできるのだ。


しかし、企業にとって新卒採用とは企業の今後や将来成長する可能性のある若い芽を見つけるようなものであるから、それを全て採用代行会社に丸投げするとは如何なものか、とお思いの方もいるだろう。そのようなケースにも柔軟な対応をしてくれる採用代行会社は増えており、たとえば、新卒採用のWEBサイトの運営、管理のみ採用代行会社にアウトソースする事や内定後の研修のみをアウトソースするなどのような活用方法が採れるようになっている。


採用代行の活用によって余った人材を他の業務に回す事で、その人材の適正を見直す事ができるとともに、利益率の高い職種に回す事で企業の利益増に繋がる可能性もあるのだ。特に、新しい風を吹き込む新卒採用については採用活動のウェイトを大きく占めるものである。毎年ある一定の時期に集中して人材を割かなくてはならないというのも企業には不便ではある。そんな中、採用代行サービスを各企業が自社にマッチした使い方で活用する事は、本業である業務に人材を割く事で採用のスリム化を図る事が可能になるのである。このように採用代行サービスと上手く付き合い、活用していく事をおすすめしたい。